骨盤(筋膜)の歪み

%e9%aa%a8%e7%9b%a4pop

 

骨盤の歪みと原因

 「骨盤の歪み」の画像検索結果
骨盤は、上半身の背骨や胸郭(きょうかく)と下半身の股関節をつないで全身のバランスをとる大切な役割をしています。
また、骨盤の安定性は骨でなく靭帯や筋肉、筋膜によって安定性が保たれているのです。

骨盤の歪みとは、骨が歪むことに重点をおきがちですが、もともとは筋膜と言われる全身の骨・筋肉・内臓などの全身を組織をひとまとめにして筋膜が、筋膜どうしや皮膚の下に存在する筋膜と皮膚が癒着(ゆちゃく=くっつくこと)することで、骨盤の仙骨と腸骨の間にある「仙腸関節」の動き悪くなり、動く範囲が左右対称ではなくなってズレが生じ、骨やそれに沿う筋肉が歪んでしまう状態の事を言います。

骨盤は、仙骨(せんこつ)・腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)の4つの骨からなっていますが、「仙腸関節」の歪みによってこの4つの骨に大きな影響を与えてしまいます。

骨盤の中心にある仙骨は、頭蓋骨や背骨を支え、身体の重力を常に受けています。961a458900ca009bd425a1e169a78724

この身体の土台になる仙骨がずれると支えていた背骨もバランスをくずし、そこにつながる頭蓋骨や顔も必然的にゆがんでしまい肩こりや腰痛などの原因ます。

また、仙骨のズレは背骨の中を通っている中枢神経にも影響を及ぼします。

「腰骨(こしぼね)」とも呼ばれる腸骨は、大腸や子宮、生殖器を保護する役目があります。

また骨盤と足の付け根をつなぐ腸骨筋は、大腿骨(足の骨)とつながっていて足をしっかりと上げる時に必要な筋肉になります。

恥骨も骨盤の骨の一部です。赤ちゃんが通る産道の軸となる大事な骨になります。特に臨月に近い妊婦さんは恥骨の痛みを感じることが多いようです。

原因としては、自分の体重に赤ちゃんの体重もプラスされた重みが恥骨にかかってくるので痛みが出やすいのです。

もともと骨盤がゆがんでいたりしている人は、人より痛みがでやすいと言われています。

また、出産によって正常な位置からずれてしまった骨盤のせいで出産後も恥骨の痛みを感じる人もいるようです。images00

 

骨盤の一番下に位置するのが坐骨になります。この坐骨が座る時に支点となり、上半身を支えてくれます。

左右にある2つの坐骨を使って座るようにするときれいな姿勢が保てますが、足を組んだりどちらかに重心が傾く座り方をすると身体に負担がかかり、骨盤の歪みにつながってしまいます。

骨盤の歪みには、大きく分けて【前傾・後傾姿勢】、【左右にかたむく】、【骨盤のねじれ】、【骨盤の開き】の4つのタイプに分けられます。

 
 
 

骨盤の歪みからくる症状

 
 %e9%aa%a8%e7%9b%a4%e6%ad%aa%e3%81%bf

【前傾・後傾姿勢】運動不足による筋肉の低下、過労働やオーバーユーズ(使い過ぎ)、ハイヒールをいつも履く、椅子に座る時に背もたれに体重を預けてしまの不良な姿勢、スマホの長時間使用などが原因となります。

原因としては片方の臀部の筋膜の癒着と逆脚の鼠径部、並びに太もも前面の筋膜の癒着により左右の骨盤のアライメントが崩れやすくなります。

前傾は女性に多く、骨盤が前傾(ぜんけい=前に傾く)して反り腰のような姿勢になります。

後傾(こうけい=後ろに傾く)は、男性に多くい姿勢になります。

骨盤の前後傾の特徴は、ポッコリお腹になり、下半身の筋肉の代謝が悪くなり、無理な姿勢から膝の痛みを引き起こしやすく、また下っ腹がでやすくなり、垂れ尻にもなりやすく背中、首、腰などに痛みが生じやすく猫背などの原因なります。

両者とも本来の背骨のきれいなS字カーブの形が狂うことで、骨盤周りの筋膜が癒着し、柔軟に骨盤が動かなくなってしまいます。そのため楽な姿勢が習慣になり、どんどん姿勢が悪くなっていきます。

【左右に傾く】骨盤が左右に傾いている人は、お尻や太ももの外側の筋膜が癒着し下半身太りやO脚の人に多くみられます。

片方の腰にだけ痛みがあったり、腰骨の左右の高さがなんとなく違うなど左右の違いを感じるのは、骨盤が傾いているからかもしれません。

かばんを決まった方だけで持つ、座る時にいつも片方の足を組む、立っているときにいつもどちらか一方の足に重心をかける、また決まった側の手や足ばかり使うなどの生活習慣によってなりやすくなります。senkotu_ninsin

 

【骨盤のねじれ】骨盤のねじれは、骨盤の寛骨(かんこつ)が食い違ってしまっている状態です。左右の足の長さやお尻の大きさが違く、肩の高さにも違いが出ます。

このような際の骨盤の状態は寛骨が内側に捻じれたり(寛骨の内旋)している場合があります。

横座りのような体をねじるような体勢のように片側だけに習慣的に負担をかけるとねじれやすくなります。

ねじれによって下半身全体に脂肪がつきやすくなり、痛みや違和感が起きやすくなる場合があります。また骨の中を通っている神経を圧迫し、神経症や不眠、イライラするなどの症状がでることもあります。

【骨盤の開き】骨盤の開きとは骨盤の前面にある上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)が外側へ開き、骨盤の後方に存在する仙骨が圧迫され仙腸関節痛(せんちょうかんせつつう)を引き起こしたりします。骨盤は、普段の日常生活でも開いたり閉じたりを繰り返しています。

また出産後骨盤はの開いておりその時は痛みがなくても、数年後数十年後の腰痛の原因になります。

生活習慣や加齢による筋肉の低下も骨盤が開きやすくなる原因になります。骨盤の開きによって内臓が支えきれなくなると骨盤が通常よりも大きく開いて内臓を支えきれなくなると、胃などの内臓の位置もバストも下にさがり、それに引っ張られて顔もさがっていきます。

それによって腸や子宮が押されてしまい、正常に機能しずらくなってしまいます。また血管なども圧迫して血流が悪くなり、代謝が低下し、下半身に脂肪がつきやすくなります。

 

LINE友だち登録

 

実際に骨盤のゆがみをチェックしてみましょう!

寝ながらチェック

 
 %e9%aa%a8%e7%9b%a4%e6%ad%aa%e3%81%bf2

仰向けに寝てかかとを少し離して全身の力を抜きます。(深呼吸すると自然と力が抜けます。)つま先の開いた角度をチェックします。

正常な場合はつま先の開きがだいたい80~90度の開きになります。それより開きが狭かったり、広すぎたり、つま先の開いた角度が左右違う時は骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

 

正座をしてから左右に順番に足を崩してみてください。もし右側の足がやりにくいようであれば、右の骨盤が歪んでいる可能性が高いです。左も同様です。両足ともやりにくかったら両側とも歪んでいることになります。

骨盤矯正をする意味

 
 筋膜が歪むと骨盤が歪み骨盤が歪むと腰痛や肩こりや膝痛など様々な痛みの原因になります。

骨盤の歪みのせいで身体だけでなく、精神的にも不調をきたす可能性があります。
また出産後すぐに骨盤矯正をするように勧める産科がほとんどです。はっきりとした根拠はまだ解明されてはいませんが、産後の歪みを整えることで何十年後の体の不調の原因のリスクを減らしたり、健康を維持するためにも重要です。

骨盤矯正ベルトの仕組み

骨盤周辺の筋肉の衰えによって骨盤が歪んでしまいます。骨盤ベルトは、その筋kotubann肉の代わりに骨盤を支えてくれる役目をしてくれ、正しい位置にキープしてくれます。

しかし、骨盤矯正ベルトを継続的に使用していると人間が本来骨盤を安定させるためにもっている筋肉が衰えてきます。

そうすると骨盤ベルトは離せなくなり、未使用時の動きの最中に腰を痛めてしまいます。

では、どうすれば骨盤の歪みが改善し腰痛の改善や予防ができるのか!?

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%93

当院では

筋膜に対してアプローチしております。筋膜の説明⇒クリック

一人ひとりの原因に対するストレッチやトレーニングの指導

再発を予防するストレッチやトレーニングの指導

※必要に応じてリアラインコアの使用。リアラインコアの説明⇒クリック

自宅でできる方法

 
 
 
 %e7%84%a1%e9%a1%8c

 
 
LINE友だち登録