足関節前距腓靭帯損傷とは (足関節捻挫とは)

足関節外側靭帯は、足関節の外くるぶしの下端についている3つの靭帯です。

前距腓靭帯踵腓靭帯後距腓靭帯です。
スポーツの最中、段差を踏みはずした際に足を内側にひねって受傷します。スポーツ外傷の中では最も頻度の高いケガです。最も損傷頻度が高いのが前距腓靭帯です。次いで踵腓靭帯で後距腓靭帯を損傷することは稀です。損傷の程度によって3段階に分けて治療方法が決められます。

ankle_sprain_1 ankle_sprain_2

主な症状

  • このケガで問題になるのはグレードⅢ(靭帯の完全断裂)に対する治療です。
  • 完全断裂では、外くるぶしが腫れ、血腫(出血した血液が溜まります)が溜まります。 痛みのためにまともに歩くことができません。

放置していたらどうなるの?

  • そのままスポーツ活動を続けていると頻繁に足関節の捻挫を起こすようになり、
    関節軟骨の損傷も進行し、将来的に変形性足関節症になります。
  • スポーツ活動を避け、足関節捻挫を起こさない範囲に活動性を下げられれば、将来の変形性膝関節症への進行を抑えることが可能です。

治療

適切な治療をおこなえば、手術をすることなく良好に治癒し、スポーツ復帰も可能です。
放置したり、治療がうまくいかない場合には、足関節に痛みや不安定性が残り、 しょっちゅう捻挫を繰り返すことになります。また足関節の動きが制限され正座ができなくなります。

  • 受傷直後(現場)であれば、RICE(安静、アイシング、圧迫、拳上)療法をおこないます。
  • グレードⅡ(靭帯の部分断裂)までであれば、理学療法を主体とした保存治療と
    装具の使用により早期のスポーツ活動が可能です。
  • グレードⅢ(完全断裂)では一定期間ギブス固定をおこない断裂した靭帯をつける必要があります。
  • その後は、グレードⅡと同様です。陳旧例になって、足関節捻挫を繰り返す場合や、
    痛みがとれない場合には靭帯を再建する必要がでてきます。