五十肩とは 【肩を上げるのが辛い。肩が痛くて眠れない】/痛みの原因・トレーニング

五十肩とは!?

 

初めに五十肩の説明をする前に肩の構造(つくり)から説明していきます。
肩⑥

肩の骨は肩甲骨と上腕骨(腕の骨)で出来ており、

安定性はあまり無く、動きにはかなり良い関節ですが

その反面、動きが良すぎる分脱臼などのリスクがあがります。

この不安定な関節を止めているのが、

靭帯や関節包、筋肉などの組織になります。

 

 

 

 

 

---------------------------------------------

肩②

また、この4つの筋肉は肩③

(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)

回旋腱板ともいわれ

肩の関節を安定させる役割に優れています!
---------------------------------------------

 

しかしこれらの組織が、肩⑤

老化や普段からの過労などにより弱体化してきます。

そして、さらに肩の安定性が悪くなり

肩関節周辺で痛みを引き起こします。(赤丸)

 

その他にも五十肩のもう一つの原因として

肩をあまり動かさなかったり、

ストレッチ不足などで筋肉表面に存在する

筋膜という組織が癒着し

(筋肉と筋膜が、皮下脂肪と筋膜が引っ付いてしまい)

肩の動きを制限します。

これにより肩の関節に負担がかかり肩関節周辺の組織、筋肉、腱などに炎症がおこり痛みがでます。

これを『五十肩』といいます。

 

五十肩エクササイズ

1ストレッチ メルマガ

 1ストレッチ メルマ
注意
・腕を外側に開いていく時に、身体ごと開かないように注意しましょう
・腕を開くのがきつい方は重りを無くし、開く範囲でゆっくり行いましょう
・横向きで寝る際に腰が反らないように気を付けましょう

 

※マシーンを使ってトレーニングをされている方へ
マシーンなどによるアウターマッスルの鍛え過ぎは
かえってインナーマッスルを弱らせてしまいます
なので、しっかりとインナーマッスルを鍛えつつ
バランスよくトレーニングをしていきましょう!
患者様の声 肩こり