スポーツ障害 肘 手首 (上腕骨外(内)側上顆炎、尺骨神経障害、手関節捻挫、 TFCC損傷、 有鉤骨骨折、 キーンベック病、 手根管症候群、 ギオン菅症候群)

《肘》

《手首》

投球障害はこちらをクリック

👇👇👇👇👇

テニス肘/上腕骨外側上顆炎

肘の外側が痛い

テニス肘とは、その名の通りテニスをしている人多いけがで肘の外側に疼痛を感じ、外側上顆炎は成長期と成人に起こる2つに分けることができます。

成長期に起こるものは骨成長に筋肉が追い付かずに、腱の付着部の付着部にかかるストレスが大きくなり疼痛をきたします。成人はスポーツに関係なく、腱の変性によって疼痛をしょうじます。

また外側上顆炎のメカニズムはテニスのラケットを握り筋肉を緊張させている状態でボールを打つことで筋肉に伸張性(伸ばされる)のストレスがバックハンドの場合は肘の外側へ、フォアハンドの場合は肘の内側へストレスがかかり痛みが生じます。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

肘の内側が痛い

内側上顆炎と外側上顆炎の大きな違いは痛みの部位になります。

内側上顆炎が起こりやすいケースは、ゴルフのクラブで地面を叩いた時などに肘の内側の筋肉が急激に伸ばされたりすることで痛みが生じます。

尺骨神経障害

小指側のしびれ、知覚障害、筋力低下

スポーツ外傷における肘関節神経障害は、肘関節脱臼骨折に合併することがほとんどです。その他には野球などで起こることが多く、スローイング中や肘の曲げ伸ばしの動作後など薬指と小指のしびれが増強し、握力も減退します。投球時には「球がすっぽ抜ける」感覚があります。

症状は進行性であり、筋萎縮が生じると回復が困難で、最悪の場合手術適用となるので早期対処が必要になります。

 

 

 

痛みの秘密は筋膜に…!?

筋膜は、図のように構造で様々な個所と連結しており、ある一定のバランスを保つことで全身を1つにまとめ、痛みの出ない身体を作り上げています。しかし、この筋膜のバランスが身体のどこかで崩れると、関節部分から歪みが生じ腰や背中に痛みが起こります。

また手首や肘に痛みがある場合でも、このバランスの異常が脚や腰など、痛みの場所とはかけ離れた場所にある場合があります。その為、当院では痛みのある個所だけでなく、全身を細かく診察し、問題がある部位を1つずつ治療し、根本的に改善していきます。

 

LINE友だち登録

手関節捻挫

手首の周囲が痛い

捻挫とは関節が生理的範囲を超える動きを強いられた時、その動きに耐えられず筋膜(筋肉)や関節、靭帯や関節包などを損傷する病態です。症状としては頑固な慢性的な疼痛と握力低下、可動域制、クリックの発生とともに脱力、不安感などを訴えます。

手首を捻挫しこの様な症状がある場合は、約3日間(72時間)15分アイシング60分休憩を繰り返し炎症を抑えることが大切になります。

 

TFCC損傷

小指側の手首の付け根が痛い

TFCCとは三角線維軟骨複合体損傷のことを言いテニスで良く起こるケガとして知られています。TFCCは手首の小指側びおいて靭帯や関節円盤できており、手首の安定性に関与しています。また、その他にも手首の緩衝作用にも関わっています。

TFCCの中心部分は関節円板と言われる柔らかい組織の為、損傷を受けやすい部位になっています。またこの損傷が三角靭帯に及ぶと手首の安定性が悪くなり、脱臼などを引き起こします。

 

 

有鉤骨骨折

小指側の手の平が痛い

有鉤骨骨折は有鉤骨鉤に起こりやすいけがで、有鉤骨に直接的に衝撃が加わることで痛みが生じます。

特にこのケガは野球で空振りやフォールチップ、ゴルフで地面を叩くなどの動作で衝撃が加わり骨折を引き起こします。有鉤骨骨折がみられる場合は有鉤骨の圧痛がみられます。手術などで骨片を摘出する場合は約6週間でスポーツ復帰が可能です。

 

 

キーンベック病

手の平の付け根が痛い

キーンベック病とは手首にある骨の一部(舟状骨)が血行障害によって無腐性壊死に至る疾患で、10~40代のハンマーや金槌をよく使う人に多くみられます。スポーツではテニスや柔道、合気道に多くみられます。

 

 

絞扼性神経障害

手根管症候群

手のひらの小指と薬指がしびれる

手根管とは正中神経、深指屈筋腱、浅指屈筋腱、橈側手根屈筋腱、長母指屈筋腱が走行するトンネルの様なものです。この中の正中神経が手根管内で圧迫されるとしびれや筋力低下などがみられます。特に、投球動作や体操、アーチェリー、ラケット競技(テニス・バトミントン)などに起こります。原因としては屈筋群(手を曲げる筋肉)や虫様筋(重量挙げやボーリング)などの競技によって手根管が圧迫され発症します。

 

ギオン菅症候群

小指・薬指のしびれ、知覚障害、筋力低下

ギオン管とは尺骨神経と尺骨動静脈が通るトンネルで、原因としてはガングリオン(関節包から発生する粘液を主とした腫瘤)による圧迫がほとんどです。スポーツ競技では野球、自転車競技でみられます。診断としては小指・薬指のしびれ、知覚障害やギオン管付近でのチネル徴候(神経の障害部位を叩くと、神経支配領域に感覚の放散がみられる)がみられます。また、親指の筋力低下(フローマン徴候)などがみられます。

 

 



不調の根本原因を知り痛みを改善!

上腕骨外(内)側上顆炎、尺骨神経障害、手関節捻挫、 TFCC損傷、 有鉤骨骨折、 キーンベック病、 手根管症候群、 ギオン菅症候群などは炎症が起こり痛みを誘発します。放っておくと肩関節だけでなく他の関節に影響を及ぼ競技への復帰が遅れます。

早期回復の秘密とは!?


1.早期炎症の消失(エレサス)


エレサスとは、現在プロ野球9球団で使用されている痛みを劇的に和らげ、早期復帰を実現する最新の超高額治療器です。
特に打撲や肉離れやねんざなどの急性期にその効果を発揮します。

人間はある一定の波形の電流が流れています。そして打撲や肉離れなどのケガをした際はこの電流が異常な電流へと変化し痛みなどを誘発します。エレサスはこの異常な電流を読み取り正しい電流を体へ流していき、電気的に身体を整えていきます。また、エレサスは痛みは感じませんので、痛みが苦手な方でも安心して受けられます。

 


2.筋膜治療により正しい動作の獲得


急性期の場合、マッサージなどは患部の炎症を悪化させてしまうため積極的に出来ませんが、筋膜治療は炎症部位を悪化させないため治療を行うことができます。また、患部(痛い部位)だけを治療するのではなく全身を診て患部に影響を及ぼしている部位も治療していきます。

筋膜治療について→クリック

 


3.アスレチックリハビリテーションにより早期復帰と再発予防を!


 ケガによって機能が低下(筋肉が弱くなったり、身体が動きを忘れるなど)してしまった部位を見つけ出し、適切なトレーニングを実施することで今まで以上のパフォーマンスが期待されます。

また、ケガの再発させないために弱い部位を鍛えるトレーニングも行い、徹底的に再発を予防します。

 

 

●身体が歪んでいると改善しない!


関節が歪む=背骨や骨盤などの位置や、筋肉のバランスなどが崩れているから。

無題3「関節の歪み」を改善しないでマッサージ等を受けても根本的には改善しません。

もともとの背骨や骨盤がずれているので、筋膜が伸ばされたり、捻じれたリして、コリ・痛み・不調が出てしまいます。

このように関節が歪んだ状態ですと、更に肩や腰への負担は大きくなり、

肩こりや腰痛の原因となります。

鍼灸整骨すぽるとでは、当院独自の筋膜整体で身体の土台となる『筋膜』を整え『関節の歪み』を改善し再発を防ぎます。

 

 

LINE友だち登録

 

 

youtube

excercise

trining

 

LINE友だち登録

 

11