シンスプリントとは 【足の内側が痛い】/ストレッチ・エクササイズ

シンスプリントとは!?

まず、シンスプリントは内くるぶしからシンスプ

指5本分のあたりに痛みがでます。

この痛みはランニングやダッシュなどで

よく走られている方に多くみられます。 

原因としては、

(オーバーユーズ)と言って使い過ぎが原因です。

だからと言って、部活動や趣味のランニングなどを

止めたくないですよね?

ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ

なので、そうなる前に自分自身で

ケアーをする事が大切になってきます。

 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 
 

シンスプリントの原因 3つ

1つ目の原因『筋肉』

 

ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
その中でも大きく関わってくる筋肉が4つあります。長母趾屈筋後脛骨筋
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
1つ目は『後脛骨筋
この筋肉は足を内側に反す時に使います。
ランニング時では蹴りだしの時に使います。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
2つ目は『長趾屈筋
この筋肉は足の第2~5を曲げる時に使います。
ランニング時では蹴りだしの時に使います。
ああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああ


長趾屈筋前脛骨筋
3つ目は『長母趾屈筋
この筋肉は足の第1指を曲げる時に使います。
ランニング時では蹴りだしの時に使います。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
以上3つは全て曲げる筋肉になります。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
4つ目は『前脛骨筋
この筋肉は足首を持ち上げる時に使います。
ランニング時では足の接地している側とは逆の
非接地脚の時に使います。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
この筋肉は先ほど紹介した筋肉とは真逆の動きをします。
 
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ

2つ目の原因『足のアーチ』

ああああああああああああああああああシンスプ2
ああああああああああああああああああ
足のアーチはバネのような働きがあり
クッションの役割をしてくれます。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
ですが、筋の癒着疲労により
アーチが低下してしまいます。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
そうすると、脚の筋肉への負担が大きくなり
脚や腰、肩など全身に影響を及ぼします。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
逆に体のどこかで痛みを引き起こすと
足のアーチが崩れてしまいます。
ああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ

3つ目の原因は『レッグヒールアングル』

 シンスプ3
レッグヒールアングルとは
踵と脚の正中線を結んだラインになります。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
このラインが「くの字」のようにずれると
足の着地時に内側の筋肉が
正常の時よりも伸ばされることになり、
痛みを引き起こします。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
以上3つが大きな原因と考えられています。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ

 

 

 

注意!

また、みなさんに気を付けて頂きたいことが1つあります。
それは、
『疲労骨折を起こしているかもしれない!』
という事です。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
筋肉は骨にくっついていますが、
先ほど紹介した筋肉の付着部で
何回も筋肉によって引っ張られることにより
疲労骨折を起こします。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
なので、限局した圧痛(ここが痛いねん!)や
腫脹(はれ)などがあれば、
一度、整形外科の方に受診され
確定診断を受けられる事をオススメします。
ああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああ
この様な大きなケガになる前に
しっかりとストレッチとトレーニングをして下さい。

予防・改善エクササイズ

ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋・腓腹筋)を
ストレッチしていきます!
方法
・足を前後に広げ後ろ足が
浮かないように前の足に体重を乗せていきます
次に予防トレーニングを行っていきます!
これはしっかりと足全体に体重がかかるようにしていきます!
方法
・タオルを床に敷きtarugyaza-
それを足の指でたぐり寄せる
ストレッチ
・テニスボールやゴルフボールで
足の裏をほぐしていきましょう!
そして足の前方に
体重がかかりにくくなるトレーニングを
手の指を使って行っていきます!
なぜ指を使ったら改善するかというと
東洋医学のツボの流れや筋膜の流れで
指と足はつなっがていると言われています
ここだけではなく全身が筋膜やツボで繋がっています
なので、どこか一部を痛めたら
他に負担がかかり体が歪んでしまうのです!
ではトレーニングをお伝えします!
・柔らかいボールを親指・小指・薬指持ちます
・3つの指でボールをつぶすように力を入れていきます
これをする事で体重が前にかかりにくくなります!