ギックリ腰とは  【動くのが辛い・歩けない】/(ぎっくり腰 症状・原因・ストレッチ・筋トレ)

ギックリ腰とは!?

 

ふとした瞬間に起こるぎっくり腰!

ギックリ腰は「急性腰痛」「椎間捻挫(ついかんねんざ)」とも言われています。

いきなりグキっという衝撃と共に、腰に鋭い激痛がはしります。

 

ぎっくり腰はどうすると起こるという事がなく原因は様々で、大きく分けると3つに分けられます。

1.筋疲労による痛み

腰の痛みは瞬時に出現しますが、

その原因は日々の疲れなどが積み重なり

筋肉など体の組織が絶えれない状態になると

ギックリ腰などの鋭い痛みが現れます。
  • 荷物を持った時!
  • ふらっと足下をすくわれた時!
  • 急に動いた時!

など様々な状況で起こります。

人は日常生活を送っている以上、必ずと言っていいほど筋肉疲労(筋肉痛・関節痛)がおこります。

しかし、人の体もこのような異常があると反応し体を良くするように働きますが、

普段の不摂生や過労、睡眠不足などにより体にとってマイナスの状態が続きます。

これにより、筋肉が過緊張し他の筋肉に負荷がかかり筋肉が傷んだり関節などがずれ激痛がはしります。

2.骨格の歪み

筋膜4

人は普段の生活などの何気ない動作や癖、
仕事上の無理な体勢での動きなどで身体に少しずつ負荷を与えています。
この様な小さなストレスが積み重なると筋膜がゆがんでしまいます。

筋膜(きんまく)が歪むと身体のバランスが乱れ、
一般的に言われる「コリ」や「痛み」などの原因になり、
また骨盤などの「ズレ」や「ゆがみ」にもつながります。

この様な悪循環が続くと人間の体はいずれ限界を迎え、

背中や腰の筋肉が爆発してしまいます。
そして痛みが発生します。

これが骨格のゆがみによるぎっくり腰のメカニズムになります。


3.過負荷

勢いよく体をひねった時、瞬時に動いた時、無理をして動いた時などに 

筋肉の限度を超えた負荷が筋肉に加わることで痛めてしまいます。 

また、普段の生活習慣や癖などによって体の筋力のバランスが崩れてしまい

局所的にストレスがかかります。

そうすると少しのストレスがその部位(筋肉・筋膜)に加わるだけで、

筋肉が絶えられる限度を簡単に越えてしまい痛みが出現し炎症が起こります。 

3つがギックリ腰の原因になります。

 

予防・ストレッチ

ギックリ腰の最強予防エクササイズ!

下記の写真のエクササイズは『腹横筋(ふくおうきん)』と言われる、
筋肉を鍛えるエクササイズになります。

みなさん!
腰が痛い時は「腹筋(ふっきん)を鍛えたらなおる」
と耳にしたことはないですか!?

しかし
・腹筋をしても腰が痛い。
・腹筋の仕方、方法が分からない。
そのようなことでお困りではないでしょうか!?

みなさん腹筋と言われるとよく右の写真のような動きをされていませんか!?images-2

このような動作をすると、
「腹直筋(ふくちょくきん)」に刺激が入りやすくなります。
(腹直筋=シックスパック)
また、腹直筋の一部が骨盤の前面にくっついている為、

腹筋が緊張すると骨盤の前面を持ち上げるように力が働き
骨盤が後ろの方向へと傾きます。

そうなると背中の筋肉は過剰に伸ばされるだけでなく、
股関節の動きもかなり制限されるようになります。

こうなってしまうと、腰への負担が大きくなり、
腰痛などの原因になってしまいます。


で、当院でお教えするエクササイズは
ドローインと言われるトレーニングになります。

このトレーニングは、腹横筋(ふくおうきん)と言われる筋肉を鍛えていきます。
この筋肉の役割は、みなさん腰痛がひどい時に「コルセット」をされませんか!?

この腹横筋はコルセットと同じ役割をしてくれるのです!

では紹介していきます!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

上記のトレーニングは上からレベルを低く設定しているので、
このエクササイズをされる際は上から順番に行うようにしてください!

また、ドローインの際に腹筋の上部(臍より上)が硬くなってしまい、
力がどうしても入ってしまう方は、下のストレッチを行うようにしてください!

下のエクササイズで使うボールは
柔らかい100均などで売っているボールがおすすめです!

ストレッチポールがあるかたはストレッチポールをお腹の下に入れていただいても大丈夫です!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8943
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-07-19-18-45-44

 

9か所リリースする時間がない場合は、 ボールやストレッチポールを当てて、少し痛みが強い場所をするようにして下さい!

腰痛エクササイズ①

方法
・椅子に座り、手をそろえ体を反らすように腕を頭の上に上げていきます。
 この時骨盤も後ろに傾けるように意識します
・次に状態を前に倒していきます
 この時骨盤は前に傾けるように意識しましょう
・この動作を繰り返します
(10回×3セット)
この動画をみられる方はこちらをクリックして下さい↓
 腰痛エクササイズ② 方法 ・頭の上で手を重ね、骨盤を左にスライドさせます  手は右側に倒 していきます ・次に骨盤を右にスライドさせ、手は左側に倒していきます ・この動作を繰り返します (10回×3セット) この動画をみられる方はこちらをクリックして下さい↓  腰痛ストレッチ 方法 ・タオルを足の裏に引っ掛け膝をゆっくり伸ばしていきます ・子時ゆっくり足を上に上げていきましょう この動画をみられる方はこちらをクリックして下さい↓