アキレス腱断裂とは (アキレス腱断裂 症状・原因)

症状

 

受傷時には、「ふくらはぎをバットでたたかれた感じ」とか、

「ボールが当たった感じ」などの衝撃を感じることが多く、

「破裂したような音がした」など断裂した時の音を自覚することもあります。

アキレス腱断裂を起こすと、「バツン」というような耳で聞き取れる程度の音が発生します。

アキレス腱が断裂した後のくるぶしには凹みが見られ、で押指先すと沈むようになってしま

います。

 

受傷直後は受傷肢に体重をかけることができずに転倒したり、しゃがみこんだりしますが、

しばらくすると歩行可能となることも少なくありません。 しかし、歩行が可能な場合でもつま

先立ちはできなくなるのが特徴です。

アキレス腱が断裂していても足首(足関節)は動かすことは出来ます

 

原因と病態

アキレス腱断裂は、踏み込み・ダッシュ・ジャンプなどの動作で

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋) が急激に収縮した時や、

着地動作などで急に筋肉が伸ばされたりした時に発生します。

腱の退行性変性(いわゆる老化現象)が基盤にあると考えられています。

30~50歳のスポーツ愛好家に多く、レクリエーション中の受傷が多いのが特徴です。

 

診断

アキレス腱断裂部に皮下の陥凹(へこみ)を触れ、同部に圧痛がみられます。

うつ伏せで膝を直角に曲げた状態でふくらはぎを強くつまむと、

正常では足関節は底屈します (Thompson テスト)。

アキレス腱が断裂するとこの底屈がみられなくなります。

ほとんどの場合、通常のX線(レントゲン)検査では異常を認めません。

Thompson テストThompson テスト

対処法

アイシング←クリック

 

予防と治療

治療は、手術を行わずにギプスや装具を用いて治療する保存治療と、

断裂したアキレス腱を直接縫合する手術治療があります。

それぞれに長所、短所があるので、治療法は整形外科担当医とよく相談して決めることが大切です。

治療開始後4ヵ月程で軽い運動は可能となりますが、

全力でのスポーツ活動ができるのには短くても6ヵ月はかかります。

 

当院では、

この受傷した部位に微弱電流をあて、組織の修復を早めていきます。

また、受傷した付近の筋肉の硬さや筋膜(きんまく)←クリック】の癒着を取り除き、

受傷部位への負担を軽減し治癒を促します。

その後、アキレス腱が再断裂しないようにあなたの復帰目標(日常生活・競技復帰)に合わせて

リハビリを段階的+計画的に設定させていただきます。

 

微弱電流(エレサス)でどの様にして組織の修復が早まるのか!?

微弱電流治療器(エレサス)

微弱電流治療による治療促進と組織修復

微弱電流治療は、もともと人の身体の中にはある一定の電流が流れています。

この身体の中に流れているものに極めて近い電流を流すことで、

損傷した生体の組織修復を速める効果があるとされています。

それは微弱電流が細胞レベルで生理と成長を刺激するためです。

また微弱電流は身体にとっての不具合のある環境を改善し、

損傷組織の治癒や修復をサポートすることができます。

微弱電流の疼痛(痛み)コントロール

微弱電流が身体(皮膚)に施されると、

末梢神経(身体の各部位に存在します)から体性感覚神経(触られた・熱い・冷たいなど感覚)が刺激されます。

これにより、疼痛緩和の1つとなる鎮痛(ちんつう)作用を生み出す物質(エンケファリン)が放出します。

また、微弱電流治療は炎症を軽減させることにおいても疼痛緩和に貢献します。

炎症は組織修復を抑制し、神経伝達や細胞内外を移動するイオン(体内環境を保つために重要)の

正常な動きを損なわせるが、ミトコンドリア(細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産)の機能を高める

微弱電流刺激は、プロスタグランジン・ヒスタミン・サブスタンスPのような

発痛物質の分散を引き起こすことによって、炎症を軽減させます。

微弱電流治療の効果があるものとは!?

☑打撲

☑肉離れ

☑アキレス腱・腱板断裂

☑関節痛

☑骨折

☑神経痛