坐骨神経痛 足のしびれ

 

 【坐骨神経痛】

  みなさん一度は聞いたことがあると思います。

 

  この【坐骨神経痛】って疾患名(病名)ではなく、

  症状だってことご存知でしたか? 

 

 

  では、【坐骨神経痛】について、詳しく見ていきましょう。

   1、骨盤付近の構造解剖学 

   2、原因

   3、症状

   4、改善策

 

 骨盤付近の構造解剖学

  坐骨神経は臀部(おしり)の筋肉の下を通って、

  太ももの後ろ側を下降します。

     

  臀部の筋肉や太ももの後ろ側の筋肉が硬くなると

  坐骨神経は筋肉に圧迫され、足がしびるなどの症状がでます。 

 

 

 原因

  ・坐骨神経痛は「病気」ではなく、太ももの後ろ側が痛くなる

   「症状」のことを指し、その原因は様々です。

  ・坐骨神経痛の原因で最も多いのは腰椎椎間板ヘルニアです。

  ・他には、「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」など原因は

   いくつかあります。

 

  腰椎椎間板ヘルニアとは、、、

  椎間板の中にある髄核というゲル状の組織が、

  外に飛び出してしまった状態です。 

  これが腰椎でおこると腰椎椎間板ヘルニアと言います。

 

 

 症状 

  ・突然腰に強い痛み

     

  ・大腿部や下腿部に痛みが放散し、 

   動けなくなる。

  ・痛みは坐骨神経に沿って放散

  ・せき、くしゃみなどで痛みが強くなる。

   

 

 

 改善策

  ・ここで紹介するのは、坐骨神経の周囲にある筋肉を

   緩めるストレッチです。

   緩めることで、筋肉が神経を圧迫しているのを防ぎます。

 

    一つ目は「太ももの後ろ側のストレッチ」です。

  

 

    二つ目は「お尻のストレッチ」です。

     

 

  普段から心がけてストレッチをすることで、

  筋肉が硬くなるのを防げます。

  また、ストレッチをすることで筋肉がほぐれ、

  血流が良くなります。

 

  怪我をしたからストレッチをするのではなく、

  怪我の予防健康増進のためにも心がけて

  ストレッチに取り組みましょう!

 

 

 

ご予約は、こちらへお電話ください!


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで)
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:兵庫県西宮市甲子園七番町2-5 丸勝甲子園ビル1F

西宮市 鍼灸整骨すぽると〈甲子園スポーツコンディショニングラボ〉

LINEからのご予約はこちら↓↓

友だち追加