腰痛を改善する秘密は・・・「モビリティとスタビリティ!?」

こんにちは!

鍼灸整骨すぽると小坂です!

 

腰痛でお困りの皆さん!

 

痛みがなかなか良くならなくて

腰を放ったままにしていませんか?

腰痛になる原因を考えるうえで、

重要な考え方があります。

 

それは、Joint by Joint theory(ジョイント・バイ・ジョイントセオリー)があります。

 

*Joint by Joint theory とは

問題が見られる部分のみをアプローチするのではなく、

 問題のある部分の上下の関節の役割を十分に発揮できるようにする。」ということです。

 

どういうことかを説明します。

 

関節には、Mobilty Joint(動く関節)Stability Joint(固定する関節)があり、

これらは、人間の関節に交互に存在します。

 

~腰痛の場合~

「腰(腰椎・骨盤)」はスタビリティ関節になります。

 

そして、「腰(腰椎・骨盤)」の上下の関節は、

「胸椎」と「股関節」になります。

 

「胸椎」と「股関節」はともに、モビリティ関節(動く関節)なので、

可動性がないといけません。

 

モビリティ関節である「胸椎」と「股関節」の動きが悪くなると、

構造的に可動性のない「腰椎」を過剰に使い、

腰を痛めてしまします。

また、「腰椎」はスタビリティ関節です。

スタビリティ関節は固定する関節なので、

安定性が必要です。

腰椎を安定させるには、「コア(体幹)」の働きが大切です。

 

このように、痛くなる原因を考えるうえで、

この「Joint by Joint theory」はとても重要になってきます。

 

各関節が、正しく機能するのはもちろんのこと、

日常生活の中では、関節単体で働くことはありません。

 

必ず、どこかの関節とが連動します。

例えば、歩く・走るなどの

脚を上げる動作を見ていきましょう。

 

これは股関節と体幹がうまく連動している写真です。

これは上手く連動できていない写真です。

*このように上手く連動できていなければ、

 腰に負担がかかります。

 

脚を上げる動作は

毎日たくさん行われています。

 

そのなかで、間違った動作を繰り返ししていると、

間違った動作を覚えてしまい、知らない間に

体には必要のない負荷がかかり、

怪我に繋がります。

 

では、痛みがでたり再発しないようにするには、

どうすればよいのでしょうか。

 

それは、、、

間違っている動作を修正し、

正しく使えるようにカラダに覚えこませることです!

先ほども言いましたが、

痛める原因の一つに、間違った動作を覚えてしまい、

体に必要のない負荷を与えてしまっていることです。

 

【サイドブリッジ ヒップフレクション】

股関節と体幹を正しく連動させるには、

とてもいいエクササイズです。

 

   

 

皆さんも是非一度やってみてください。

一緒に健康なカラダを手に入れましょう!(^.^)

 

【サイドブリッジ ヒップフレクション】

こちらの動画をご覧ください!

 

分からないことがあれば、

お気軽にお問い合わせください(*^^*)

 

ご予約は、こちらへお電話ください!


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで)
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:兵庫県西宮市甲子園七番町2-5 丸勝甲子園ビル1F

西宮市 鍼灸整骨すぽると〈甲子園スポーツコンディショニングラボ〉

LINEからのご予約はこちら↓↓

友だち追加