背骨(胸椎)の動きの重要性

こんにちは!

鍼灸整骨すぽると小坂です!

 

本日は、胸椎の伸展(反る動き)と

回旋(捻る動き)の動きをよくする

エクササイズをご紹介します!

 

では、エクササイズをご紹介する前に

胸椎の伸展・回旋の重要性について

お話していきます 🙂 

 

関節は以下の2種類に分けることができます。

1、動く関節(Mobility Joint)

2、止める関節(Stability Joint)

 

では、皆さんに問題です!

胸椎はどちらの関節だと思いますか?

 

 

そう!

「動く関節」です!

この「動く関節」である胸椎の動きが悪くなれば、

その他の関節を使って動かそうとしてしまいます。

 

すると、どうなるでしょうか?

代償としてほかの関節には負荷がかかり、痛めてしまいます。

 

少し例を挙げてお話します。

 

身体を反る動作でお話します。

皆さん、一度身体を反ってみてください(^.^)

胸椎がしっかり伸展すれば右の図のように

きれいなカーブを描きます。

反対に、胸椎の伸展が出来ていなかったらどうでしょう。

左の図では胸椎が動かない分、

腰椎を伸展させてしまっていますよね。

そうすると、腰にストレスがかかり、腰を痛めてしまします。

このように胸椎の動きが悪くなると、ほかの関節にストレスを

与えてしまい、ケガに繋がります。

 

 

次に、回旋動作で見ていきましょう。

回旋動作のスポーツをしていた方で、

よく「腰をまわせ!」なんて言われたこと

ありませんか?

では皆さん、椅子に座った状態から、

胸を正面に向けたまま腰だけを回してみてください(^^)

どうですか?腰は回りましたか?

 

そうなんです。ほぼ動かないはずです!

腰椎は構造上、そんなに動かない構造をしているので、

「腰をまわせ!」と言われても動きません。

 

では、どこが動いているのでしょうか?

 

ここで勘の鋭い方はもうお分かりのはずです!

そう!胸椎なんです!

 

もし、胸椎の動きが悪くなるとどうなるか考えてみましょう。

身体を捻ろうとしても胸椎の動きが悪いせいで、

ほかの関節で捻りをサポートするようになります。

例えば、腰を無理やり捻ったり、肩をいつも以上に回したりします。

 

そうするとどうなるでしょうか?

 

捻りを代償した関節には負荷がかかり、

怪我をしてしまします。

なので、胸椎の動きは、スポーツだけでなく

日常生活でもとても重要になってきます!

 

ここまで長くなりましたが、

胸椎の動きの重要性を分かっていただけましたか?

 

ただ、エクササイズをするだけではなくて、

なぜ重要なのか。やる意味は何なのか。

しっかり踏まえたうえでエクササイズを行うと

より効果的です(*^^)v

 

胸椎の伸展・回旋の動きをよくするエクササイズ。

【アクティブストレッチ】

~トランクローテーション~

こちらの動画をご覧ください!!

  

 

 

ご予約は、こちらへお電話ください!


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで)
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:兵庫県西宮市甲子園七番町2-5 丸勝甲子園ビル1F

西宮市 鍼灸整骨すぽると〈甲子園スポーツコンディショニングラボ〉

LINEからのご予約はこちら↓↓

友だち追加