私の肩こりの原因はそこだった!?

こんにちは!

鍼灸整骨すぽると小坂です!

 

皆さんは、「肩こり」

困った経験もしくは今、困っていませんか?

 

「肩こり」になる原因の一つに

運動連鎖(キネティックチェーン)があります。

関連画像

では、運動連鎖とは一体どういう事なのかをお話していきます。

 

運動連鎖とは、

「ある関節の運動が他の隣接する関節へ影響を及ぼす」

という意味です。

 

例えば、猫背の人を例にあげてみましょう。

猫背の人の多くは骨盤が後ろに傾いています。

骨盤が後ろに傾く(後傾)と背骨が丸まり、

肩甲骨が外に開き、肩が丸まり、首が前に出てきます。

このように、「1つの関節の運動が

隣接する関節へ影響を及ぼす」ことを

運動連鎖と言います。

 

ではなぜ、この運動連鎖「肩こり」

関係しているのでしょうか。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

では皆さん、足踏みを10回して、そのあとカラダを

ぶらぶらさせてリラックスしてみてください。

 

この時、手の甲はどちらを向いていますか?

おそらく、多くの方が手の甲が前もしくは

斜め前に向いていると思います。

 

これは、肩関節の内旋と言って腕の骨が内に捻じれている状態になります。

(胸の筋肉が緊張し縮んでいるのが原因です)

肩関節が内旋(内に捻じれる)すると肩甲骨は外転(外に開いている)し、

背骨(胸椎と腰椎)は丸まり、頭だけ前に出るといった運動連鎖

起きてきます。

そうなると、首の筋肉は常に伸ばされ、

ストレスがかかります。

 

これが、「肩こり」に繋がってきます。

 

胸の筋肉が緊張し縮むのは、

日常生活において、体より前で作業することが多いからです。

(例:デスクワークや家事・育児など)

常に緊張し縮んでいる胸の筋肉のストレッチを行い、

胸が開くようにしてあげることが、大切になってきます。

そうすることで、肩関節の捻じれを防ぎ、

正しい状態に戻していきます。

 

そして、「肩こり」になりにくいカラダを

手に入れることができます。

 

*胸の筋肉のストレッチ方法は最後にご紹介しています。

 

このように、「肩こり」の原因には運動連鎖があり、

「肩」が痛くても、実は、違うところに原因があることは少なくありません。

 

このことを頭に入れておくと、「肩こり」

早期回復、再発・予防に繋がるので、

是非、頭の片隅にでも入れておいてください!(^^)!

 

【胸の筋肉のストレッチ方法】

*ストレッチは30秒行います。

 30秒のうちに角度を変えながらやってみてください(^.^)

 

 

ご予約は、こちらへお電話ください!


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで)
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:兵庫県西宮市甲子園七番町2-5 丸勝甲子園ビル1F

西宮市 鍼灸整骨すぽると〈甲子園スポーツコンディショニングラボ〉

LINEからのご予約はこちら↓↓

友だち追加