関節リウマチ 『生活習慣病』

こんにちは!

鍼灸整骨すぽるとの安藤です!

本日は前回に引き続き関節リウマチについてお話していきます。

前回の記事はこちらの画像をクリックしてください!

 

 

今回のテーマは『生活習慣病』です。

最近テレビ(ためしてガッテン・たけしの本当は怖い家庭の医学)でもよく健康に関することが取り上げられるようになったので、皆さんもよくご存知かとは思いますが、生活習慣病が関節リウマチに大きく関係していると言われています。

ある大手の企業が人口の健康状態を調査したところ、健康の人は3%。病気の人は27%。未病の人は70%。という結果がでたみたいです。

この様に70%の方は何かしら生活習慣病をかかえているということです。

ではその原因となる生活習慣病について解説していきます。

生活習慣病

生活習慣病とは日々の日常生活の積み重ねによって引き起こされる病気の総称で、全く気付かないうちに病気になってしまうことがあります。むしろこれが生活習慣病の怖い所です。

皆さんここで1つ考えてみて下さい!

1本の木を想像してみてください。

木は土から栄養をもらいます。

この木の土が栄養いっぱいであれば木もスクスクと大きく育ちますが、もしもこの土が栄養不足であった場合は木は育ちません。むしろ枯れてしまうのではないでしょうか。

人間も同じです!

健康で日々の生活をおくるには、適切な運動と睡眠、バランスの取れた食事が必要になります。

 

日本の3大生活習慣病の死因

※三大死因は更新されています。

1.がん

2.心疾患

3.肺炎

(4.脳血管障害)

となっています。

約125万人(年間死亡数)

54% 約68万人が三大生活習慣病で亡くなっていることになります。

全体の半分以上の死因が生活習慣病に関与しているということですね。

 

では今回は特別にその生活習慣病の中でも注目が高い糖尿病についても解説していきます。

糖尿病について

50年間で約35倍にも増加し、年々増加傾向にあると言われ、現在では2,050万人にも及びます。

20歳以上の5人に1人が糖尿病という計算になります。

糖尿病は重大疾患以外にも、腎臓病や失明の原因にもなります。

 

では次回、糖尿病を中心に生活習慣病を予防するための体操や食事の取り方などをお話していきます。

そして最後に関節リウマチの予防もお話していきます。