関節リウマチ 『概要・原因』

関節リウマチの特徴

運動器官である骨や関節、筋肉などの体を動かす上で重要な全身的な部分の炎症が起こることを『リウマチ性疾患』と言います。

また、朝のこわばりなどを特徴とし、関節の炎症や関節の破壊などが起こりその後、機能障害などが起こるものを『関節リウマチ』と言います。

『関節リウマチ』の特徴としては(関節の張れ・関節の痛み)などがあります。

※ここで注意していただきたいのが「変形性関節症」です。

「変形性関節症」は関節を動かした時に痛みが出やすい疾患で、何もしていない時にも痛は出ません。しかし『関節リウマチ』はじっとしていても痛み、腫れを伴います。

関節リウマチの発症年齢

関節リウマチは女性に多い疾患で男性の4~5倍とも言われ30~40代に多い特徴があります。

また、15歳未満に発症するリウマチ『若年性関節リウマチ』と言います。

 

関節リウマチ原因

関節リウマチの原因は未だにはっきりとはされていませんが…

関節リウマチには遺伝的な要因が関係していると言われています。

また、遺伝以外にも生活習慣病が関与しているということも言われているみたいです。

 

関節リウマチ症状

関節リウマチの症状として、左右対称の手・膝・肘関節の腫脹、疼痛、朝のこわばりがあります。

 

異常が関節リウマチの概要と原因です。

次回は予防方法と関節リウマチに関係する日常生活での運動などをご紹介していきます。