脚の付け根(股関節)が痛い!

 

 

 脚の付け根(股関節)が痛む原因には、

 さまざまなものがありますが、

 50歳以降の方の多くは、変形性関節症と言われるものです。

 変形性股関節症は圧倒的に女性に多い疾患で、

 男女比は男性の7倍です!

 ですが女性だからといって変形性股関節症にかかるわけではありません。

 

 ただし「股関節が弱点」ということは頭に入れておきましょう!

 

 また、股関節は体重を支える大切な関節です。

 痛みが出ると、歩く時に影響が出て非常につらくなります。

 

 そこで今から、変形性股関節症になる原因や症状をお話しして、

 どんな改善策があるのかを見て頂きたいと思います。

 

改善策では

【自宅で簡単エクササイズ】を紹介しています!

 

 

・股関節の構造解剖

 股関節は大腿骨(太ももの骨)にある大腿骨頭と呼ばれる球状の部分が、

 骨盤の寛骨臼と呼ばれるソケットにはまり込むような形になっています。

 

 股関節は両足で立っている時の負荷は体重の約30~40%

 片足立ちした場合、軸足にかかる負荷は体重の約3~4倍と言われています。

 

 

・原因

 変形性股関節症の原因は一次性と二次性に分けられます。

 1.一次性

  股関節の形状には異常が見られず、加齢や体重の過剰な

  負荷によって起こるとされていますが、

  発症には、明らかな原因を特定できない場合もあります。

 

 2.二次性

  何らかの疾患に続発します。

  二次性の基礎疾患は女性に圧倒的に多いです。

 ①臼蓋形成不全

  寛骨臼の形に異常があることが原因です。

  寛骨臼が浅いので、骨頭を覆う面積が少なくなっています。

   

 

 ②外傷後によるもの

  寛骨臼の形には問題はなく、交通事故や

  スポーツにより股関節脱臼を生じた後に、

  長い期間を経て変形関節症に移行した場合。

  

 

 

 これらのように変形性関節症の発生要因は、

 色々な場合があります。

 

 

・症状

 歩行立ち座り寝返りなどの股関節運動時

 股関節部に痛みが現れます。

 

 跛行「はこう」(一側をひきずる形の異常歩行)や

 関節の可動域制限をきたします。

 

・改善策

 今からご紹介するのは、運動療法です。

 痛みを和らげるにはみなさんの協力と頑張りが必要です!

 

 

 ●運動療法

 ①自宅で簡単エクササイズ☆

 簡単で、継続しやすいメニューです。

 

 ②パワープレート…低負荷で筋肉を刺激し鍛える 

  

 

 股関節の周囲の筋肉は日常生活の中で

 重要な働きをします。

 この筋肉が弱くなると、股関節の痛みにも

 影響が出ます。

 なので、しっかり鍛えることが重要です!

 

 では、いくつか紹介します。

 

 1つ目は【太もものストレッチ】です。

 

 太ももの後ろ側を伸ばします。

 息を止めず、自然な呼吸で行いましょう。

 頑張りすぎずに、気持ちの良い所まで伸ばしましょう!

 

 

 2つ目は【お尻の筋肉のエクササイズ】です。

 お尻の筋肉は、股関節を安定させる働きがあります。

   

 中臀筋と梨状筋のトレーニングはそれぞれ10回を3セットしましょう。

 

   

 大臀筋のトレーニンも10回を3セットしましょう。

 

 

 【自宅で簡単エクササイズ】は短期間で効果が

 得られるわけではありません。

 コツコツと継続して頑張りましょう!

 そうすれば、きっと良い結果が待っています!

 

 

 

ご予約は、こちらへお電話ください!


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:西宮市甲子園七番町2-5

西宮甲子園 鍼灸整骨すぽると

LINEからのご予約はこちら↓↓

友だち追加