病気の原因の90%は活性酸素!?

こんにちは!

鍼灸整骨すぽるとの安藤です。

皆さん今日は台風が近畿に上陸する見込みです。

外出される際は十分に注意してください。

 

本日は『活性酸素』についてです。

皆さん活性酸素と言う言葉を聞いたことはありますか!?

 

活性酸素とはどのようなものか?

普段みなさんが生きていく上で欠かせないのは…

呼吸ですよね?

これをしなければ人間は生きてはいけません。

空気中の成分は窒素が78%、酸素が20~21%、その他1%(二酸化炭素は0.04%)と言われています。

このうちの呼吸で取り入れた酸素の2~3%が活性酸素になると言われています。

 

活性酸素の働き

活性酸素は身体にとって必要なものですが、ある一定の量を超えると身体にとって害になってしまいます。

活性酸素の働きとしては白血球やマクロファージと同じく、体内に侵入した細菌などを取り除く働きがあります。

しかし活性酸素は非常に毒性が強く体内の細胞を酸化(金属などが錆びるようなもの)させ老化が早まる他、病気を引き起こす原因となります。


活性酸素を増やす原因

・激しい運動

・激しいストレス

・紫外線

・喫煙

・食生活

などがあげられます。

その結果

病気や老化、肌荒れと言った症状が現れます。

 

 

病気の原因の90%は活性酸素!?

近年、病気の90%は活性酸素で、残りに10%はウイルスや細菌、結核などと言われています。

老化の原因は!?

いきなりですが皆さんに質問です。

私たち人間の身体は約何個の細胞で出来ているでしょうか!?

 

 

 

正解は60兆個です。

この60兆個の細胞、例えば髪の毛、血管、皮膚、臓器が1つ1つ細胞からできているということです。

では健康であるということはどのようなことなのか!?

それは簡単です。

この1つ1つの細胞が元気=正常であること!

では私たち人間はなぜこの細胞を正常に保つことができないのか!?

それは活性酸素が悪さをするからです。

 

活性酸素は細胞に攻撃を仕掛け細胞を酸化させます。

そして細胞が酸化することによって老化、癌、動脈硬化などの生活習慣病などを引き起こすと言われています。

ではここで皆さんに質問です。

老いると言うことはどのようなことだと思いますか!?

人が老いるということは老化してくこと。

と一般的には言われていますが、

1年また1年と年を積み重ねてくことが果たして老いるということなのでしょうか!?

いいえ違いますよ。

血管が老化すること。

もっと言えば細胞が酸化することです。

 

活性酸素によって酸化させられた中世脂肪やコレステロールなどが溜まり血管を狭くすることで脳梗塞や心筋症、心筋梗塞が起こり原因が高くなろと言われています。

 


お問合わせはこちらから!

お気軽にご相談ください。


  • 受付時間:10時~13時/15時~20時(土曜17時まで
  • 定休日:日曜、第2・4水曜
  • 住所:西宮市甲子園七番町2-5

西宮甲子園 鍼灸整骨すぽると