パフォーマンス アップ!!

おはようございます!

鍼灸整骨すぽるとの安藤です。

 

股関節の動かし方についてお話していきます。

野球の動作で話していきますが、

ゴルフ

テニス

バトミントン

など様々なスポーツで共通する動きなので

この話を参考に実践してみて下さい。

 

きっとパフォーマンスが変わります!

上の写真は重心が真ん中にあり両方の脚に重心が均等に乗っている状態です。

このポジショニングはパワーポジションに近い体勢になります。

パワーポジションとは名の通り力を発揮しやすい身体のポジションです。

もしこのパワーポジションで膝が内に入って(knee-in)いると上手く地面から

力をもらえずロスしてしまいます。

そうなると自分自身の身体で力を全て生み出さないといけなく

疲労が大きくなりケガの発生率が増加します。

 

次にこちらの写真で身体の回旋(捻じる)動きを見ていきます。

 

この写真の頭の位置を見てみましょう。

ちょうど足の上に頭がのっています。

この様に横方向へと体重を移動させると軸がぶれてしまい目線が上下に動いてしまいます。

また横方向への動きが大きくなればなるほど球を打つポイントが大きく変わってきます。

皆さん野球やテニスで『ここだ!』と思って振ったけど予想以上に詰まったりしたことはないですか!?

それは『ここだ!』と思ってバットやラケットを振っても自分自身も移動してしまっているのでボールとの距離が想像以上に近くなります。

なのでつまってしまうのです。

ではそうしない為にはどうすればいいのか!?

それは簡単です。

股関節の回旋運動を使うことです。

=重心の移動をあまり行わずに体重の移動をするのです。

言葉では難しいので動きで見ていきましょう。

この写真をみていただくとわかるように

股関節にしっかりと体重がのっかっていますよね。

この様にして股関節を柔軟に動かすことで身体は自然と回転していくのです。

そしてこの力を逆の股関節に移動していきたいところですが…

残念なことに膝と股関節が一気に伸びきってしまい上半身へと力が上手く伝えられていません。

このような動きになってしまうとせっかく股関節でためた力も使えません。

そればかりか目線が大きく上下に移動するためボールを上手くとらえることもできなくなります。

青線:目線の位置

またこの選手はここ最近ボールにバットが当たっていません。

当たっとしてもボテボテのゴロやフライになりやすいです。

 

どんなに練習をしても身体の使い方が1つ違い目線が変わるだけでパフォーマンスが変わってきます。

 

この様な動きはゴルフ・野球・テニスなど

どのスポーツでも共通する事です。

 

身体の重心の変動が大きければそれだけ体力の消耗が大きくなり

パフォーマンスが低下します。

 

 

近日この選手の改善姿を公開しますのでお楽しみに!!

改善するかしないかは私(安藤)の指導力次第ですね!(笑)(>_<)