【手首の痛み】TFCC損傷 小指側の痛み

〈50代女性 梱包パートさんの症例〉

約半年前から左手首の小指側が痛い。

整形外科にて「TFCC損傷ですね。とりあえず痛み止めとシップで様子見て下さい。」と診断される。

しかし半年経っても痛みは改善せず当院受診。

 

◇初回来院時の状態

・手首をどの方向に動かすのも痛い(動かすのが怖い)

・特に小指側へ曲げる動き(尺屈)と手首を反らす(背屈)に制限有り

・痛くて左手をついて立ち上がることができない

・梱包の仕事が辛い

・フライパンを持つのも痛い

◇施術内容

・前腕の筋肉(主に尺側手根伸筋)や皮膚の動きを改善させる筋膜リリース

・ストレッチ整体にて背部の異常な緊張をとる

・消炎鎮痛目的の微弱電流「エレサス」

・刺さらない鍼「ソマレゾン、ソマセプト」

およそ週に2回のペースで通院してもらいました

◇経過

・2回目来院時 ご本人の感覚として痛みのレベル10→8

・4回目来院時 痛みなく小指側に手首を曲げられるようになってくる

・8回目来院時 全ての方向に痛みなく動かせるようになった 痛みのレベル10→2

・10回目来院時 左手に体重を乗せられるようになり、ほぼ痛みゼロ!

◇コメント

整形外科でややこしい名前の診断名を付けられた割に

明確な治療方針を示されることもなく、ほぼ見放されたような状態でした。

「もう仕事ができないんじゃないか?」

「この痛みは一生続くのでは?」

など不安いっぱいでのご来院でした。

当初は、かなり痛みを強く訴えれらておりましたが、

薄皮を一枚一枚剥いでいくような感じで根気強く施術を進めた結果、

痛みなく家事も仕事もこなせるようになられました。

※施術の効果には個人差があります